プリンセスメゾン (ビッグコミックス)

まーた漫画になっちまったい。
でも、これやっと読めたので、嬉しい。^^

プリンセスメゾン 1 (ビッグコミックス)


池辺葵の最新作。



池辺葵は何となく好きでちょいちょい買って読んでた。




ちょっと一見気難しい喫茶店の店主の話。
でも、エエ味出してるな、と思って。





で、この後読んだのがこちらの「縫い裁つ人」。




こちらは、中谷美紀主演で映画にもなった。




コマ割り細かく、絵を余白なく描きこみ、息もつかない展開。

とは、程遠い人なのだった。w




DSC_0374.JPG




でも、池辺葵の漫画の世界の人は、きちんと辿り、自分の大切にしたい守りたいことをきちんと見据え、一緒に息をしてみると、実は少し楽になる気がする。
不思議な漫画家さんだ。


でも、だから好きなのだと思う。



居酒屋チェーン店で働く、高卒の沼越サンが主人公だ。
彼女は、一人暮らしをしながら節約をし、貯金をして、家を買おうとしている。長年、特井不動産の物件案内に顔を出して、物件のチェックに余念がない。


でも、いまいる小さなアパートでも、その暮らしの匂いや日常に愛着を持って生活している。


特井不動産の人達との心の交流も微笑ましい。その間に、家にまつわる色んな女性の物語のエピソードも秀逸だ。



頑張り屋さんだね、大きな夢に向かって、と言われた沼越さんの言葉。
「大きい夢なんかじゃありません。自分次第で手の届く目標です。家を買うのに、」




「自分以外の誰の心もいらないんですから」




何が、自分を「そこ」に押しとどめているのだろう。
いつの間に、どうして「夢」を持ったらいけない自分になったのだろう。
あれこれ迷って、何も選べなければ、全て失うこととそれは同じだ。
そのことに。
どれだけの人が、理屈ではなく実感を持って気づいているのだろうか。


ふと、そんなことも心をよぎった。


出てるんじゃん~!2巻!Σ(゚д゚;)



きっと、彼女はブレてない。
こちらも楽しみに。
1巻の余韻を十分に楽しんでから、大切に、ゆっくり読みたい。
片手間じゃなくて。



そんな、漫画だ。



週末の夜に、ゆっくり読めてよかった。


ではでは。

よろしかったら、ポチ!っと応援を。(=゚ω゚)ノ
★本ブログ

にほんブログ村
★読書備忘録

にほんブログ村








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

最近の記事