怪奇小説傑作集〈2〉英米編2 (創元推理文庫)

怪奇小説傑作集〈2〉英米編2 (創元推理文庫) 昔、家の本棚にこの本が在った。 装丁は今と違うけれども、中身の作品に覚えがあった。 母から聞いた話は「人狼」。 ベレスフォードの「人間ぎらい」は、確か梅図かずおの漫画の中で知った。 「泣き叫ぶどくろ」は、水木しげるの短編で確か似たようなのがあった。 字が小さかったので、どんどん読めないのだけれどもこっそり…

続きを読む

大和路・信濃路 (新潮文庫)

あけまして、おめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 大和路・信濃路 (新潮文庫) 新年、一発目のご紹介はこちら。 堀辰雄氏の「大和路・信濃路」です。 私はなぜか若いときから、法隆寺とか寺とか竹林とかが大好きでした。 竹林のパネル買って部屋に飾ってました。w この「大和路・信濃路」に出会ったのは、中学生の予備校での模試のとき。 出典の記載も何もなか…

続きを読む

さらば、荒野【ブラディ・ドール・シリーズ】   北方健三

言わずと知れたハードボイルド作家北方健三氏のシリーズ。 何でやろ、これたぶん1冊目を大昔に読んで止まらなくなりほぼ読破したはず。 角川やんか。原田知世の映画シリーズでこんなんもあったね。 その、北方先生のむっちゃハードボイルドシリーズやねん。 (なんで関西弁になるんや。) 企業の武器輸出疑惑から、企業とか暴力団とかさらには市長をも巻き込んだ抗争劇で、大勢死ん…

続きを読む

最近の記事